被害情報 of 東日本大震災関連ページ


Ibaraki Prefectural University of Health Sciences


HOME > 被害情報

モニュメントが転倒の危機

DSC_4140.JPGIMG_3386.JPG
キャンパス内に設置されているモニュメントのうち,『メッセージ・ファイブ』のモニュメント作品は焼き物を積み重ねて作成されておりましたが,接着面が離れてしまいました。今後,余震により転倒する危険があります。しばらくの間,くれぐれも近寄らないで下さい。


図書館で図書が大量に落下

図書館内の図書及び雑誌数万冊が書架から落下し,床に散乱しました。館内には利用者が約10名ほどいましたが,全員ケガもなく人的被害はありませんでした。しばらくの間,臨時閉館としていましたが,図書館職員等で散乱した図書及び雑誌を整理し,職員及び約40名の学生ボランティアによって図書を書架に戻す作業を行い,3月16日の夕方に作業が完了いたしました。3月17日からは通常開館しています。

研究室の窓ガラス破損

DSC_4139.JPG窓ガラスの破損はここだけでした。大学内にはいくつもの建物がありますが,実習棟2・5階の研究室で窓ガラスにひびが入りました。幸い,窓ガラスには遮光のためのシールが貼られているため,ガラス等の散乱はありませんでした。


研究室内の棚が転倒

iwailab.jpg実習棟2の研究室では棚が転倒し,パソコンや積んであった書籍や書類が散乱し,岩井浩一教授が下敷きになりました。パソコンは大破しましたが,幸い岩井教授にケガはありませんでした。