シラバス参照

授業情報/Class Information

詳細情報へ    授業計画へ

基本情報/Basic Information

カリキュラム名
/Curriculum
授業コード
/Course Code
35101
授業科目名
/Course Name
助産学概論 時間数
/Time
15時間
単位数
/Credits
1 必修・選択
/Subject Choice Type
必修
履修年次
/Year
助産学専攻科 科目区分
/Course Group
対象学生
/Target
助産学専攻科
科目責任者
/Responsible Person
島田 智織 他専攻学生の履修
/Other Major Students
担当教員
/Instructor
加納 尚美
開講学期および日時について
の備考
/Notes

開講学期
/Semester Offered
曜日
/Day
時限
/Period
前期 その他 0

基本情報へ    授業計画へ

詳細情報/Detailed Information

授業の概要 助産学および助産活動の今日的役割と責務とを理解し考察するための基礎的科目である。
授業のキーワード 下記授業計画の【】を参照
授業の目的 助産学の修学に際して,助産学の全体像を理解する。
授業の到達目標 1 助産学の成り立ちを理解できる。 
2 助産師に必要なコミュニケーションスキルの基礎を理解できる。
3 助産学の基礎的な概念や理論を理解し使用できる。
4 助産活動の文化的,歴史的,社会的な変遷を理解できる。
5 助産師の倫理課題を理解し真摯に向き合うことができる。
6 助産活動について理解し,日本と諸外国の活動を比較検討できる。
7 助産学教育について理解し,日本と諸外国の教育を比較検討できる。
8 助産(師)を多面的に理解するための努力ができる。
授業時間外の学習に関する事項 ・ 講義前の自己学習は特には必要ありません。
・  疑問や意見を率直に発言できる姿勢を身に着けること。
・ 講義後は,自己学習によって,講義で接した言葉や概念,理論についての理解を進めること。
教科書 1) 我部山キヨ子編「助産学講座2019版 基礎助産学[1]助産学概論」(第5版)医学書院
参考文献・その他資料 別途,提示する。
成績評価方法 授業への出席,参加度,レポートにより評価する。
【再受験の取扱:無, 出席時間数要件:2/3以上】
担当教員から 助産学の世界へようこそ。広く,そして,深く助産について考えるための第一歩となる授業です。助産学の基本的な視座を一緒に確認していきましょう。
受講条件
実務経験を有する担当教員 それぞれの資格に基づく実務経験を活かし,担当回の授業を行う。
島田 智織:助産師,看護師,看護係長
加納 尚美:助産師
浦山 絵里:ファシリテーター,看護師,看護師長

基本情報へ    詳細情報へ

授業計画詳細情報/Class Schedule Details


/Times
時間
/Time
授業内容
/Methods and contents
授業の到達目標
/Attainment
Target
担当教員
/Instructor
教授・学習法
/Learning
Method
1,2 4 助産とコミュニケーション【相互理解,自己への気づき,公正,協働促進,ファシリテーション】 2,8 (島田) 講義
3 1 助産学の成り立ち【単位,構造,概念,理論】 1,2,3,8 島田 講義
4 2 助産と歴史・文化・社会1【助産の起源,出産の歴史と変遷,産育習俗】 1,2,4,8 島田 講義
5 2 助産と歴史・文化・社会2【母子保健の歴史と水準】 1,2,4,8 島田 講義
6 2 助産と歴史・文化・社会3【法と倫理】 1,2,5,8 島田 講義
7 2 助産活動の国際比較【日本の助産活動の変遷,諸外国の助産活動の変遷】 1,2,6,8 加納 講義
8 2 助産師教育の国際比較【日本の教育の変遷,諸外国の教育の変遷】 1,2,7,8 加納 講義