シラバス参照

授業情報/Class Information

詳細情報へ    授業計画へ

基本情報/Basic Information

カリキュラム名
/Curriculum

授業コード
/Course Code
35105
授業科目名
/Course Name
新生児学 時間数
/Time
30時間
単位数
/Credits
1 必修・選択
/Subject Choice Type
必修
履修年次
/Year
助産学専攻科 科目区分
/Course Group

対象学生
/Target
助産学専攻科
科目責任者
/Responsible Person
松田 英子 他専攻学生の履修
/Other Major Students

担当教員
/Instructor
岩崎 信明,加部 一彦,齋藤 誠
開講学期および日時について
の備考
/Notes


開講学期
/Semester Offered
曜日
/Day
時限
/Period
前期 その他 0
後期 その他 0

基本情報へ    授業計画へ

詳細情報/Detailed Information

授業の概要 新生児の生理と特徴的な疾患について,医学的見地から病態の理解を深める授業である。新生児蘇生法講習もあり,受講後のポストテストに合格することで,新生児蘇生法講習コース修了認定の申請資格が得られる。
授業のキーワード 下記授業計画の【】を参照
授業の目的 助産師として基盤となる新生児学・乳幼児学についての知識・考え方を習得する。また,新生児の蘇生法を習得する。
授業の到達目標 1 新生児の生理的特徴について説明できる。
2 乳児の発達や各期の健康診査について説明できる。
3 乳児の発達を評価する指標について説明できる。
4 新生児の疾患について説明できる。
5 ハイリスク新生児のケアについて説明できる。
6 新生児蘇生法(Aコース)が習得できる。
授業時間外の学習に関する事項 ・授業前後の自己学習は必須です。
・新生児蘇生法講習会では,プレテストに備えた学習が必要です。
教科書 1) 江藤宏美編「助産師基礎教育テキスト 第6巻 産褥期のケア/新生児期・乳幼児期のケア」(2021年版)日本看護協会出版会
2)小林康江編「助産師基礎教育テキスト第7巻ハイリスク妊産褥婦・新生児へのケア(2021年度版)」日本看護協会出版会
3)石井邦子編「助産学講座助産診断・技術学Ⅱ[3]新生児期・乳幼児」(第6版)医学書院
4) 仁志田博司「新生児学入門」第5版(2018)医学書院
5) 我部山キヨ子・毛利多恵子編集「助産学講座 基礎助産学[10]助産管理」(第5版)医学書院
6)細野茂春監修「日本版救急蘇生ガイドライン2015に基づく新生児蘇生法テキスト第3版」(2016)メディカルビュー社
参考文献・その他資料 1)河井昌彦「NICUナースのための必須知識」第3版(2011)金芳堂
2)宇藤裕子「はじめてのNICU看護」(2013)メディカ出版
3)松井晃「新生児・小児ME機器サポートブック」(2016)メディカ出版
4)前川喜平・小枝達也編集「写真でみる乳幼児健診の神経学的チェック法」改訂8版(2012)南山堂
5)前川喜平・落合幸勝編集「乳幼児健診における境界児ーどう診てどう対応するか」(2010)診断と治療者
6)福岡地区小児科医会・乳幼児保健委員会「乳幼児健診マニュアル第6版」(2019)医学書院
成績評価方法 出席状況,参加度,筆記試験により評価する。
【再受験の取扱:無, 出席時間数要件:2/3以上】
担当教員から 正常新生児からハイリスク新生児のついて学びを深めます。新生児の生理については,分娩介助実習前に開講し,ハイリスク新生児とそのケアや新生児の疾患,蘇生法については,助産学実習Ⅳの前に集中的に開講します。看護基礎教育で学んだ事を復習し,講義に臨んで下さい。
受講条件
実務経験を有する担当教員 それぞれの資格に基づく実務経験を活かし,担当回の授業を行う。
松田:助産師
岩崎 信明:医師(小児科)
加部 一彦:医師(新生児科)
齋藤 誠:医師(新生児科)
小室 悦子:看護師(新生児集中ケア認定看護師)

基本情報へ    詳細情報へ

授業計画詳細情報/Class Schedule Details


/Times
時間
/Time
授業内容
/Methods and contents
授業の到達目標
/Attainment
Target
担当教員
/Instructor
教授・学習法
/Learning
Method
1 2 新生児の特徴とケア
【新生児のフィジカルアセスメント,生理的変化,早期新生児のケア】
1 松田 演習
2,3 4 新生児の特徴と発育・発達
【出生時の胎児の変化:胎児循環,ヘモグロビンF,高ビリルビン血症,動脈管,卵円孔,第一呼吸】
1 岩崎 演習
4 2 乳児の発達,各時期の健康診査の要点
【乳幼児健診,デンバー発達スクリーニング検査,姿勢と粗大運動,反射の発達と原始反射,筋緊張,無症候性脳障害,境界児】
2,3 岩崎 演習
5-8 8 新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)修了認定資格取得プログラム 6 齋藤 演習
9,10 4 新生児の生理と疾患
【新生児の呼吸障害,新生児の体温管理,栄養管理】
4 加部 演習
11-13 6 新生児の生理と疾患
【水と電解質,黄疸,血液疾患,呼吸器系・循環器系疾患,感染と免疫,中枢神経系,奇形と先天異常】
4 加部 演習
14,15 4 ハイリスク新生児のケア(NICU)
【早産児のケア,ディベロップメンタルケア,ファミリーセンタードケア,ミニマルハンドリング,ディベロップメンタルケア,ポジショニング】
5 (松田) 演習