シラバス参照

授業情報/Class Information

詳細情報へ    授業計画へ

基本情報/Basic Information

カリキュラム名
/Curriculum
授業コード
/Course Code
35202
授業科目名
/Course Name
助産診断・技術学Ⅱ 時間数
/Time
30時間
単位数
/Credits
1 必修・選択
/Subject Choice Type
必修
履修年次
/Year
助産学専攻科 科目区分
/Course Group
対象学生
/Target
助産学専攻科
科目責任者
/Responsible Person
長岡 由紀子 他専攻学生の履修
/Other Major Students
担当教員
/Instructor
島田 智織,松田 英子
開講学期および日時について
の備考
/Notes

開講学期
/Semester Offered
曜日
/Day
時限
/Period
後期 その他 0

基本情報へ    授業計画へ

詳細情報/Detailed Information

授業の概要 周産期各期における正常からの逸脱事例について,チーム基盤型学習法(TBL;Team-Based Learning)を用いて,系統的に学習する。
授業のキーワード 下記授業計画の【】を参照
授業の目的 ・自己学習及びグループ学習によりハイリスク妊産婦及び新生児に対する基礎的知識を習得する
・グループ学習により事例に対する助産診断・助産計画を立案し,ディスカッションする ことにより理解を深める
授業の到達目標 1 臨床推論について説明できる。
2 正常から逸脱した妊婦の助産診断・計画立案ができる。
3 妊娠期に必要なケアを理解し,説明できる。
4 正常から逸脱した産婦の助産診断・計画立案ができる。
5 分娩期に必要なケアを理解し,説明できる。
6 正常から逸脱した褥婦の助産診断・計画立案ができる。
7 産褥期に必要なケアを理解し,説明できる。
8 正常から逸脱した新生児の助産診断・計画立案ができる。
9 新生児期に必要なケアを理解し,説明できる。
授業時間外の学習に関する事項 ・TBLは小テスト(IRAT/GRAT)からスターします。1週間前に学習課題となるテーマを提示しますので,事前学習を行ってからテストに臨んでください。
・グループ演習では事前に課題事例を提示します。予習および資料収集を行ってから演習に臨んでください
・その他,「演習書参照」
教科書 1) 茨城県立医療大学助産学専攻科「助産診断・技術学Ⅱ」実習要項
2)  森恵美編「助産師基礎教育テキスト 第4巻 妊娠期の診断とケア」(2021年度版)日本看護協会出版会
3) 町浦美智子編「助産師基礎教育テキスト 第5巻 分娩期の診断とケア」(2021年版)日本看護協会出版会
4) 江藤宏美編「助産師基礎教育テキスト 第6巻 産褥期のケア/新生児期・乳幼児期のケア」(2021年版)日本看護協会出版会
5) 小林康江編「助産師基礎教育テキスト 第7巻 ハイリスク妊産褥婦・新生児へのケア」(2021年版)日本看護協会出版会
6) 我部山キヨ子編「助産学講座6 助産診断・技術学Ⅱ〔1〕妊娠期」(第6版)医学書院
7) 我部山キヨ子編「助産学講座7 助産診断・技術学Ⅱ〔2〕分娩期・産褥期」(第6版)医学書院
8) 横尾京子編「助産学講座8 助産診断・技術学Ⅱ〔3〕新生児期・乳幼児期」(第6版)医学書院
9) 仁志田博司「新生児学入門」第5版(2018)医学書院
10) 岡井崇・綾部琢哉編「標準産科婦人科学」第5版(2021)医学書院

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  
参考文献・その他資料 1) 日本産科婦人科学会編「診療ガイドライン-産科編2020」(2020)日本産科婦人科学会
2) 日本助産診断・実践研究会著「実践 マタニティ診断」第4版 (2016)医学書院
その他,別途提示する。
成績評価方法 演習への参加状況,試験(IRAT/GRAT),ピアレビュー(グループ学習への貢献度),学習課題の到達度等について評価表を用いて総合的に評価する。
各評価項目には合格基準点の設定がある。

【再受験の取扱:無, 出席時間数要件:4/5以上】
担当教員から 周産期各期における正常からの逸脱事例について,チーム基盤型学習法(Team-Based Learning,TBL)を用いて学習します。個々の事前学習とチームワークが学習成果に反映されますので頑張りましょう。

*「助産診断・技術学Ⅰ」「周産期学Ⅰ~Ⅳ」「助産学実習Ⅳ」と強く関連した科目です。
受講条件
実務経験を有する担当教員 それぞれの資格に基づく実務経験を活かし,担当回の授業を行う。
長岡 由紀子:助産師
島田 智織:助産師
松田:助産師

基本情報へ    詳細情報へ

授業計画詳細情報/Class Schedule Details


/Times
時間
/Time
授業内容
/Methods and contents
授業の到達目標
/Attainment
Target
担当教員
/Instructor
教授・学習法
/Learning
Method
1 2 導入【Team-Based Learning, GRAT,IRAT】
妊娠期準備確認テスト 
1,2,3 長岡 演習
2〜5 8 妊娠期TBL【妊娠悪阻,切迫早産】 2,3 長岡 演習
6 2 分娩期準備確認テスト 4,5 島田 演習
7〜10 8 分娩期TBL【前期破水,弛緩出血】 4,5 島田 演習
11 2 産褥期/新生児期TBL準備確認テスト 6,7,8,9 松田 演習
12,13 4 産褥期TBL【マタニティブルーズ】 6,7 松田 演習
14,15 4 新生児期TBL【病的黄疸】
まとめ
8,9 松田 演習