シラバス参照

授業情報/Class Information

詳細情報へ    授業計画へ

基本情報/Basic Information

カリキュラム名
/Curriculum
授業コード
/Course Code
35203
授業科目名
/Course Name
助産診断・技術学Ⅲ 時間数
/Time
60時間
単位数
/Credits
2 必修・選択
/Subject Choice Type
必修
履修年次
/Year
助産学専攻科 科目区分
/Course Group
対象学生
/Target
助産学専攻科
科目責任者
/Responsible Person
島田 智織 他専攻学生の履修
/Other Major Students
担当教員
/Instructor
長岡 由紀子,松田 英子
開講学期および日時について
の備考
/Notes

開講学期
/Semester Offered
曜日
/Day
時限
/Period
前期 その他 0

基本情報へ    授業計画へ

詳細情報/Detailed Information

授業の概要 妊娠期から産褥期/新生児期にわたる基礎的な助産技術を学ぶ。具体的には,各期に必要な診断技術とケア技術をシミュレーションを活用して修得する。また,健康教育に関する基礎的理論を理解した上で健康教育を実践する。
授業のキーワード 下記授業計画の【】を参照
授業の目的 助産実践に必要な周産期各期の基礎的診断技術およびケア技術を修得する。また,健康教育(
個別)の基礎的実践能力を身につける。
授業の到達目標 1 助産技術について説明できる。
2 助産技術の提供に必要な基本的知識を理解し説明できる。
3 助産技術の提供に必要な基本的姿勢を身につける。
4 根拠をもって助産技術の選択ができる。
5 診断・ケア技術を実施・評価できる。
6 健康教育(個別)を実施・評価できる。
7  リラクゼーションを促すケア技術を理解し体験できる。
8 自らの学習プロセスを省察できる
授業時間外の学習に関する事項 ・ 授業前後の自己学習は必須です。
・ 演習前には,関連する教科書的知識の確認を行うこと。
・ 演習前には,関連する授業の復習を行うこと。
・ 演習後には,演習中に良くできた技術を更に得意となるよう練習すること。
・ 演習後には,演習中に苦手意識をもった技術を苦手意識がなくなるまで練習すること。
教科書 1) 茨城県立医療大学「助産診断・技術学Ⅲ」演習書
2) 我部山キヨ子/武谷雄二編「助産学講座2019版 助産診断・技術学Ⅱ[1]妊娠期」(第5版)医学書院
3) 我部山キヨ子/武谷雄二編「助産学講座2019版 助産診断・技術学Ⅱ[2]分娩期・産褥期(第5版)医学書院
4) 横尾京子編「助産学講座2019版 助産診断・技術学Ⅱ[3]産褥期のケア 新生児期・乳児期」(第5版)医学書院
5) 森恵美編「助産学基礎教育テキスト2019版 第4巻 妊娠期の診断とケア」日本看護協会出版会
6) 町浦美智子編「助産学基礎教育テキスト2019版 第5巻 分娩期の診断とケア」日本看護協会出版会
7) 江藤宏美編「助産師基礎教育テキスト2019版 第6 産褥期のケア 新生児期・乳児期のケア」日本看護協会出版会
8) 小林康江編「助産学基礎教育テキスト2019版 第7巻 ハイリスク妊産褥婦・新生児へのケア」日本看護協会出版会
参考文献・その他資料 1) 進純郎「分娩介助学」(第2版)医学書院.2014
2) 仁志田博司「新生児学入門」(第4版)医学書院2016
3)我部山キヨ子/大石時子「アセスメント力を磨く 助産師のためのフィジカルイグザミネーション」医学書院
その他,別途,提示する。
成績評価方法 出席状況,授業への参加度,プレゼンテーション,レポート,筆記試験等について評価表を用いて総合的に評価する。なお,各評価項目には合格基準点の設定がある。
【再受験の取扱:無, 出席時間数要件:4/5以上】
担当教員から 助産師としての成長の土台となる助産技術をこの時期にしっかりと身につけましょう。助産実践には五感に支えられた慎重で繊細な技術が必要です。五感は日常生活の中で磨かれるものですから自立した生活を心がけてください。

※「助産診断・技術学Ⅰ」と強く関連した授業です。
受講条件
実務経験を有する担当教員 それぞれの資格に基づく実務経験を活かし,担当回の授業を行う。
島田 智織:助産師
長岡 由紀子:助産師
松田 英子:助産師
浅野 早苗:助産師,ラクテーションクンサルタント
椎名 翠:助産師,アロマセラピスト
前田 尚子:助産師,鍼灸師

基本情報へ    詳細情報へ

授業計画詳細情報/Class Schedule Details


/Times
時間
/Time
授業内容
/Methods and contents
授業の到達目標
/Attainment
Target
担当教員
/Instructor
教授・学習法
/Learning
Method
1 2 導入 1,8 島田,長岡,松田 演習
2-7 12 妊娠期の助産技術【診断技術,ケア技術,健康教育指導(個別)】 1,2,3,4,5,6,8 長岡 演習
8 2 分娩期の助産技術【分娩介助の原理と基本】 1,2,3,8 島田 演習
9-20 24 分娩期の助産技術【診断技術,ケア技術,分娩介助術】 1,2,3,4,5,8 島田 演習
21-26 12 産褥/新生児の助産技術【診断技術,ケア技術,健康教育指導(個別)】 1,2,3,4,5,6,8 松田 演習
27 2 母乳育児支援と乳房ケア【母乳育児に必要なコミュニケーションスキル,ポジショニング,ラッチオン】 1,2,3,4,5,8 (島田) 演習
28 2 助産ケアとしてのアロマテラピー入門 1,7,8 (島田) 演習
29・30 4 助産ケアとしての鍼灸学入門 1,7,8 (島田) 演習